早漏 遅漏

早漏、遅漏の方の射精コントロール

セックスの不満

 

女性がパートナーとのセックスに持つ不満の中の一つに、「オーガズムに達するタイミングが違う」というものがあります。
男性が女性より先にオーガズムに達してしまうと、女性は不完全燃焼になってしまいます。
女性がオーガズムに達したのに、男性がまだだと女性は疲れているのに、付き合わないといけなくなります。

 

女性のオーガズムのタイミングに合わせられるように、射精をコントロールしたいと思ったことのある男性は多いと思いはずです。

 

射精をコントロールするのに難しいのは、早漏や遅漏の男性で、深刻に悩んでいる方も少くありません。

 

 

早漏の原因と対処法

世の男性のうち、半数以上が自分がそうだと意識している早漏ですが、原因としては次の2つが考えられます。

 

  • セックスに対する過剰な緊張、過去の失敗からくるトラウマなどの精神的ストレス
  • 加齢のため、射精をコントロールする射精閉鎖筋の働きが悪くなった

 

性体験が浅いために緊張してしまうのであれば、経験を重ねることで早漏も改善されていくでしょう。

 

それ以外の場合、早漏を改善するのにおすすめの方法は以下です。

 

  • パートナーに手でしごいてもらい、イキそうになったら手をとめてガマン。(射精したい感じが治まったら、再び刺激する。これを4回繰りかえす。)
  • 上の方法でコントロールできるようになったら、今度はローションを使って同じことを行う。(4回繰り返す)
  • 最後に挿入。

挿入の場合はパートナーに上になって動いてもらう。
男性はパートナーの腰を持って、オーガズムに達しそうになったら、ストップを伝える。

 

 

遅漏の原因と対処法

遅漏

 

遅漏の原因としては次のことが考えられます。

 

  • 性体験を重ねた結果、膣の刺激に感覚が慣れてしまった
  • 糖尿病、高血圧、うつなどの薬の副作用
  • 普段のオナニーの方法が、女性の膣圧よりも刺激の強いものである
  • セックスのパートナーがマグロである。
  • 過去の女性関係でトラウマがある

 

普段のオナニーが刺激の強いものであるなら、オナニーの方法を変更しなければいけません。
パートナーのセックスに原因があるならば、パートナーに前戯を覚えてもらう必要があります。
それ以外が原因であれば、遅漏の解決策としては、膣に挿入する前に手やフェラチオなどで刺激する時間を多めにとることが有効です。

 

早漏も遅漏、どちらの対処法もどちらもパートナーの理解が必要になります。
二人で問題に正面から向かい合ってください。
そのことが二人の精神的な距離を近くするはずです。

 

 

早漏・遅漏も解決できるペニス増大サプリメント ゼファルリンはコチラ